地球人へのジョージ・ハリソンからのメッセージ

自由自在に想念する人、そして自由である人は人々のたった1%にすぎません。アーティストはその範疇に入っています。

時折、創作物の中で我々視聴者向けのメッセージを暗号化してくれる。こういったときは、そのメッセージを長く見据え、意味を抽出し、自分なりの解釈する価値がある。なぜなら、ほとんどの人間はそのアーティストらが解明している悟りや隠れパターンを発見するだけの時間を与えられていない、または自分に許していない。

ジョージ・ハリソンは(おそらく)悟った作詞作曲家なんですが、2001年11月他界寸前にメッセージに満ちた作品を創出した。その中で、ありふれた労働者と同化し、隷属マトリックスによって破損に導き出されたそのときに、「昇る太陽」が包容する真実に直撃した、と描写されている。「昇る太陽」= 神聖宇宙

言葉の表面を一段掘り下げていくと、実は彼は色んな隠れ事実や真実(多分、イルミナティ系によって)を示唆・指摘していると分かる。

* 人工的な隷属マトリックスとその関連機関(教育=プロパガンダ、金融システム)

* 神聖コスモス

* ホログラフ宇宙

* 健康保険制度

* セルフ・チャネリング、アカシャ、内なる声

* 宇宙人または次元上昇したマスターとの通信、

カプションとして和訳してから、和訳の詞を付けましたので、ご覧下さい。熟考し、ご瞑想を:)

Namaste,

広告

地球人へのジョージ・ハリソンからのメッセージ」への2件のフィードバック

  1. 太陽の上昇というのはクンダリーニ蛇の上昇とも見なすことが出来るのではないかと思います。詰まりこの曲が示唆しているように宇宙はホログラフィックであるために太陽の上昇を観測することによっていろんなことに気づき段々と覚醒状態に近づけるに違いありません。そして高次元の自分を取り戻し無視され続けてきた自分自身の天才性を再び手に入れることが出来ると意味していのではありませんか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中