日月神示と未来と量子力学について

皆さん「月日神示」は聞いたことはあるのでしょうか?
20世紀初期の頃に岡本天明という方が自動書記で書き出した予言である。
詳しい情報はこちらをご覧下さい。
何十年間もほとんど誰も知らないまま時間が過ぎた。そして1990年代の初めの頃に中矢伸一とい方が月日神示の書物を再発見したのである。その重要さに気づき日月神示の研究に関して第一人者になった。この予言は船井幸雄も非常に重要視している。

面白いことに20世紀の最大の預言者と言われているエドガーケイシーという方が生み出した予言と一致している部分が多い様に思える。
Law of Oneというチャネリングにも共通点が多いのである。
そしてエドガーケイシーの生まれ変わりと言われているデビッドウィルコックはLaw of Oneに多大な影響を受けたと本人は言っている。

同じ世紀に複数の異なったところから全く関係のない人物から共通点が多い予言が出た。
従って無視は出来ない。
否定も難しい。

月日神示の内容は自分なりに大まかに要約すると世界が間もなく半霊半物質になり善悪が融合するという。
無事に5次元へのシフトを果たすためには月日神示のシンボルが示すように”点”を”丸”の中に入れ全てを包み込みをしなければならないというのだ。

さらに日本が二回負けてから立ち直る。一回目の敗北は第二次世界大戦の敗戦である。二回目の敗北はアメリカの闇支配者から受けた経済制裁である。
そして立ち直る際に日本は新しい世界のリーダーになるというのだ。

5次元の世界に入ると(一気に3次元から5次元へ)ミロクと呼ばれている世界に移る。その世界では自分の思考が直接に瞬間的に現実に反映され物質そのものを生み出すというのだ。
従ってテレパシー、瞬間移動、念動力などが可能になる。。。。

未来を予言出来るというのは出鱈目と思っている人はいるだろう。
だが科学的に言うと現実の一部である時間もやはりフラクタルである。
時間もフラクタルのように生成展開をしている。従って未来は必然であるという見方がある。
だからと言って未来は100%予め決まっている訳ではない。
船井先生が言っているように未来は90%は決まっていて残りの10%は自由自在に選択出来るようにも思える。
錯覚かもしれないが選択肢は未だ残っている。
量子力学的な観点からも未来は必然でありながら偶然でもある。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中